目の運動と訓練法・研究サイト

目の運動法やエクササイズ、眼筋トレーニング、動体視力訓練などを解説!

目の運動法を詳しく解説!

目の運動と訓練法・研究サイトでは、目のエクササイズによって、近視を視力回復させる秘訣を公開しています。

近眼だけではなく、遠視や乱視の屈折異常、老眼(調節異常)にも有効です。

眼球は意外にも、筋肉が多く密集しています。
これらの筋肉は、眼球を動かしたり、遠近調節を担当したり、光の量を調整しています。

近くの距離のもの、かつせまい範囲のものを見続けると、毛様体筋や外眼筋といった目の筋肉が弱体化してきます。目の運動不足ですね。そうなると、筋肉内の血流不良により、余計な緊張が生じてしまいます。この緊張こそ、近視の原因といえます。そこで目の運動や訓練が必要になります。

仮性近視はもちろん、視力0.01という強度の近視であっても、眼の筋肉の衰え・弱体化が視力低下の原因です。そこで、目の運動を定期的に実行すれば、筋肉は強化され、遠近のピント調節機能が復活してきます。

近視は目の使いすぎが要因ではなく、まさに目の運動不足が最大の要因なわけですね。

そこで毎日、自宅で目の運動を習慣にするわけですが、ここにも落とし穴があります。目の筋肉も、体の筋肉と同様に、休ませてこそ発達します。

どうも視力回復トレーニングに限って、毎日欠かさず実践することが必要だと主張する人が多いような気がします。

眼筋トレーニングを主体とする眼の運動法は、目の筋肉群を鍛え、強化します。当然、筋断裂が起きるので、超回復を待って筋肉の修復を促すためには、毎日実行するよりも、一日おきのほうがいいように思います。

目的は、目の運動を毎日持続することではなく、現在よりも目の筋肉を強化することだからです。

目の筋肉つまり眼筋が強くなれば、あなたの近視も視力回復していくことでしょう。

>> あなたの視力を回復させる、目の運動法はこちら
子供用の視力回復教材はこちら

視力低下の防止 視力矯正の方法 近視を視力回復するには? 強度近視の視力回復は可能! 視力トレーニングと方法について 視力が落ちる原因

目の運動法とポイント