目の運動と訓練法・研究サイト

目の運動法やエクササイズ、眼筋トレーニング、動体視力訓練などを解説!

サイトトップ > 強度近視の回復法とは?〜レーザー手術とトレーニング

強度近視の回復法とは?〜レーザー手術とトレーニング

強度近視の回復法には、レーシック手術などの視力回復手術を受けるか、長い年月をかけて視力の訓練で治すかのとちらかになります。

どちらの強度近視の回復法も選ばないとすれば、メガネやコンタクトレンズを装用して、眼科矯正器具の力を借りるか、オルソケラトロジーやオサート治療という選択肢になります。オルソケラトロジーは視力回復コンタクトといわれる治療法で、睡眠中に特殊なコンタクト(オルソkレンズ)を装着すると、朝起きたときに、視力が矯正されているという眼科治療です。

念のために言っておくと、レーシック手術などのレーザー角膜屈折矯正手術は、視力の強制であり、完全に強度の近視が回復するわけではありません。完全ではないというのは、治療されたのは角膜の形であり、眼球全体の形は楕円状の軸性近視のままということです。そのため網膜剥離、網膜裂孔、緑内障、黄斑変性症などの眼病に注意しなければいけません。

もし視力回復手術によって、強度近視を回復しようとすると、レーシック手術では適応外になることがあります。というのは強度の近眼は、より深く角膜実質層を削り取らなければいけないので、角膜が薄くなりすぎる可能性があるからです。

しかし角膜を削る量をおさえたコンベンショナル・レーシック手術なら受けることができる場合があります。ただし、やや近視が残ることになります。でも老眼対策になるというメリットもあるので、40歳手前の人には、おすすめです。

強度近視を回復できる近視矯正手術は、PRK手術、ラセック、フェイキックIOLなどがあります。白内障手術でも対応できます。

幼少時より近視が進行する病的近視(悪性近視)の場合、メガネやコンタクトレンズで矯正しても、視力0.1とか0.2のケースがあります。こういった人は、目のぶつけただけで、網膜裂孔や網膜剥離の危険性があります。

こういった病的近視でも、たとえばレーシック手術と角膜内リング、レーシック治療とフェイキックIOLと、視力回復手術を組み合わせることによって、強度近視を回復させることができます。

視力訓練によって、強度近視を回復できるとすれば、ベイツス理論にのっとった視力回復トレーニングになります。これは遠近調節を行なっているのは毛様体筋ではなく、外眼筋であるという眼科理論です。あくまで仮説ですが、眼球の周りを取り巻いている外眼筋が眼球の形を変えることによって、遠近調節を行なっているというのです。

眼球を高速で動かす目の運動法によって、外眼筋を強化できます。外眼筋が強化できれば、強くなった直筋が眼球を手前にひきつけて、眼軸が元に戻る可能性があります。これが強度の近視が回復できる、唯一の目の運動法であり、希望になります。

注意点は、強度の近視を回復させようと、休まずに目を運動させてしまうと、かえって急激に視力低下をおこす原因になる、ということです。自分の目と相談しながら、休憩の間隔を決めましょう。

強度近視を回復させる可能性のある眼筋トレーニングは、簡単です。自宅でも簡単に、無料でできます。小学生の子供でも大人でも、老眼の人でもできます。たとえばパソコンの四隅の角を利用するのです。左上、右上、左下、右下、左上と対角線に目を動かし、エクササイズしましょう。目を速く動かすほど、負荷も増します。

ただし、くれぐれもやりすぎには注意してください。
一日おきがいいでしょう。そうすれば、強度近視が回復していく可能性があります。

目のエクササイズの前に一覧